このページの先頭へ

デオドラントクリーム

デオドラオントクリームには2種類のものがある!

脇のニオイが気になるあなたへ。

 

巷には様々なデオドラントクリームが販売されていますよね。
最近のデオドラントクリームはよく出来ていて、脇に塗ることで
ニオイと汗の両方を防ぐ効果があります。

 

ですが、

 

 

ワキガなら、デオドラントクリームはまだ買うな!

 

 

と忠告しておきます。

 

なぜなら、デオドラントクリーム選びを誤れば、
後で取り返しのつかない事態に陥る可能性があるからです。

 

・・・

 

デオドラントクリームはどれも同じようなもの、と考えている人もいますが、
デオドラントクリームは大きくわけて以下2種類に分類されるのを分かっていますか?

 

 

  • ドラッグストアなどで販売されている安価なもの(1,000円以下で販売)
  •  

  • ネット通販のみで販売されている高価なもの(5,000円前後で販売)

 

 

一つが、1,000円以下で購入できる安価なデオドラントクリーム。
ドラッグストアやコンビニなどでもよく売られています。

 

例えば、リフレア、エイトフォー、Ban、デオナチュレ、Ag+などから
販売されているデオドラントクリームです。

 

ドラッグストアなどで販売されている安価なデオドラントクリーム

 

 

もう一つが、ネット通販のみで販売されている高価なデオドラントクリーム。
1本5,000円前後と高価なのが特徴です。

 

例えば、クリアネオ、ラポマイン、デオプラスラボ、ノアンデ、クリアンテなど
が挙げられます。

 

ネット通販のみで販売されている高価なデオドラトクリーム

 

このように、巷で溢れるデオドラントクリームですが、
大きく分けて2種類に分類されるのです。

 

 

で、重要なのはここからです。

 

 

あなたがワキガではないのであれば、どの商品を使用してもOKです。
ドラッグストアやコンビニで売られている1,000円以下の安価なもので十分対応することができます。
脇の汗とニオイを抑えることができるでしょう。

 

ですが、

 

 

ワキガなのであれば、話は別です。

 

 

ワキガなのであれば、ドラッグストアやコンビニで売られている
1,000円以下の安価なデオドラントクリームを購入すると、
後で取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

ワキガなのであれば、絶対に、
ネット通販のみで販売されている高価なデオドラントクリームを使用するべきなのです。

 

・・・

 

安価なものにしろ、高価なものにしろ、
現在売られているたいがいのデオドラントクリームには、以下2つの効果があります。

 

  • 制汗力
  • 消臭力

 

ドラッグストアで売られている安価なデオドラントクリームと
ネット通販で売られているデオドラントクリームでは、
制汗力に違いはないものの、消臭力に決定的な違いがあります。

 

汗を抑える制汗力に両者の違いなないものの、ニオイを抑える消臭力に違いがあるのです。

 

 

制汗力の比較

 

※ワキガなら、デオドラントクリームはまだ買うな!商品選びの危険な罠。

 

 

消臭力の比較

 

※ワキガなら、デオドラントクリームはまだ買うな!商品選びの危険な罠。

開発プロセスが根本的に異なる!

市販の安価なデオドラントクリームとネット通販の高価なデオドラトクリームでは、
消臭力に決定的な違いがあるのが理解できたと思いますが、
なぜ消臭力に決定的な違いがあるかと言えば、それは

 

 

開発プロセスが根本的に異なるから

 

 

です。

 

市販の安価なモノは脇汗を抑えて脇から発せられる一般的な体臭を抑えることを目的として
開発、製造されたデオドラントクリームです。

 

一方の、ネット通販の高価なモノは、
そもそもワキガで悩む人に向けて開発、製造されたデオドラントクリームなのです。

 

 

  • 安価なモノ・・・汗と一般的な体臭を抑えることを目的に開発
  •  

  • 高価なモノ・・・汗とワキガ臭を抑えることを目的に開発

 

 

ネット通販で売られている高価なモノは、脇汗を抑える効果はもちろんのこと、
あの強烈なワキガ臭を抑えるべくより強力な消臭力を備えていることが最大の特徴なのです。
(もちろん一般的な体臭を抑えることもできます。)

 

あなたも知っているように、一般的な体臭とわきが臭は異なります。
ワキガ臭というのは鼻をつく一種独特の刺激臭です。

 

アポクリン汗腺と呼ばれる脇の汗腺から分泌されるタンパク質、脂肪が
皮膚上で細菌に分解されて独特の刺激臭が放たれます。

 

一般的な体臭とはニオイの発生メカニズムが異なるのです。

 

あの強烈な刺激臭を抑えるためには、より強力な消臭力が必要であり、
それを備えているのがネット通販で販売されている高価なデオドラントクリームなのです。

 

汗とニオイを抑える効果を備えているのがデオドラントクリームですが、
ドラッグストアの安価のものと、ネット通販の高価なものでは、
そもそもの開発コンセプト、プロセスが異なるのです。

ワキガの人が一番やってやイケないこと・・・

あなたがワキガなのであれば、絶対にやってはいけないことがあります。

 

 

それが、周囲に自分がワキガだとバレることです。

 

 

あなたがわきがなのであれば、自分がワキガだということを
周囲に絶対に悟られてはいけません。

 

悪臭というのは、それだけで人を不快にさせる力があります。
臭いニオイを放つ人が好かれるということはまずありません。

 

 

クサい = 嫌い

 

 

これが人間が自然に抱く感情です。

 

あなたもこれまでの人生で、ニオイがキツいことが理由で
周囲から敬遠されている人を見たことがあると思います。

 

クサいニオイというのは、それだけで人を不快にさせてしまうのです。

 

なので、あなたがワキガなのであれば、わきが臭を漏らすこと、
自分がわきがだと悟られることは絶対に避ける必要があります。

 

あなたがワキガだと周囲に悟られてしまえば、それだけで敬遠されてしまうからです。
あなたのルックスがどれだけ良くても、あなたの性格がどれだけ良くても、
あなたがワキガだと周囲にバレてしまえば、陰で何を言われるか分からないからです。

 

 

それまで良好だった人間関係も一変する可能性があります。

 

ワキガ臭は一瞬で人を不快にさせる力がありますから、ワキガだとバレた途端、
それまで仲が良かった相手の態度が一変することも十分にあり得るからです。

 

あなたがワキガなのであれば、わきが臭を絶対に漏らしてはいけません
自分がワキガだと絶対にバレてはいけないのです!

ワキガだとバレないためのデオドラントクリームは!?

あなたがワキガなのであれば、多少高くなりますが、
ネット通販で売られているデオドラントクリームを使用すべきです。

 

ドラッグストアで売られている1,000円以下のものであれば、
ワキガ臭をを完璧に抑えることは難しいですからね。

 

たかだか数千円をケチってドラッグストアの安価なモノを使用したばっかりに、
後で後悔するのは絶対に避けたいところです。

 

自分でわきがだと自覚しているのであれば、やはり、
ネット通販で売られている高価なデオドラントクリームを使用すべきなのです。
そうすることで強烈なワキガ臭をブロックしてくれますからね。

 

現在、ネット通販で販売されているデオドラントクリームの代表的なものを挙げると、
クリアネオ、ラポマイン、ノアンデ、デオプラスラボ、クリアンテなどがあります。

 

その中で現在、わきがで悩む人に最も支持されているのが、
クリアネオというデオドラントクリームです。

 

 

クリアネオがワキガで悩む人から最も支持されている理由は、その持続力にあります。

 

 

ネット通販のデオドラントクリームを脇に塗った直後であれば、
どの商品もワキガ臭ブロック効果に大した違いはありませんが、異なるのが持続力です。

 

つまり、どれだけ長い時間わきが臭をブロックし続けられるか、
ということになるのですが、クリアネオはその持続効果が他のものより高いのです。

 

クリアネオ、ラポマイン、ノアンデ、デオプラスラボ、クリアンテで
消臭力の持続効果を比較すると以下のようになります。

 

 

 

 

わきが臭ブロックの持続力比較

クリアネオ ここに説明文を入力
ラポマイン
デオプラスラボ
ノアンデ ここに説明文を入力
クリアンテ

 

 

見て分かるとおり、持続力で比較すると、
他の商品と比べてクリアネオの持続力が頭一つ抜きん出ています。

 

 

制汗力、消臭力はどの商品もほぼ同じと考えよいですが、
決定的に異なるのが”どれだけ長い時間ニオイを抑えられるか”、その持続力なのです。

 

あなたがワキガなのであれば、周囲の人間に
自分がワキガであることを絶対にバレてはいけません。

 

そのためには、わきが臭の発生をブロックするのはもちろんのこと、
自宅に帰ってシャワーで洗い流すまで、その効果を持続する必要があるのです。

 

 

朝から晩まで一日中、長時間に渡ってワキガ臭をブロックし続ける必要があるのです。

 

 

デオドラントクリームを塗って間もない時間は問題なくても、
夕方や夜になってわきが臭を漏らしてしまえばどうしようもないのです。

 

ワキガ臭を周囲に漂わせてしまえば、当然ながら
あなたがワキガだということが周囲にバレる可能性があります。

 

自分がワキガだと知られてしまえば最悪です。
陰で何を言われるか分かりませんし、それまで良好だった人間関係に
亀裂が入る可能性も多いにあるのです。

 

 

そうならないためにも、ワキガ臭は朝から晩まで一日中ブロックし続ける必要があります。

 

 

そのためには、最も優れた持続力を備えるデオドラントクリームであるクリアネオ
選ぶのが最も賢明な選択と言えるのです。

 

 

「クリアネオ (男女兼用)」

(※わきがの人に一番選ばれているデオドラントクリーム)

 

 

 

繰り返しになりますが、あなたがワキガではないのであれば、
デオドラトクリーム選びに神経を使う必要はありません。
安価なもので脇汗、脇から出る体臭を抑えることができるでしょう。

 

ですが、ワキガなのであれば、デオドラトクリーム選びには神経を使う必要があります。

 

ワキガなのであれば、消臭力にすぐれたネット通販で売られているデオドラトクリームを選び、
その中でも、効果の持続力に最も優れているものを選ぶべきなのです。

脇に香水はNG!かけたらさらに臭くなる・・・

それは私がスーパーでバイトをしていた時のこと。
もうニオイでその人が出勤していることがわかるくらい、強烈な異臭を放っている人がいました。

 

その人が通り過ぎた後もニオイが残るくらいなんです。
「店長!ファブリーズ買ってください!」と言い出す人もいるくらい、それはひどいものでした。

 

本人も自分のワキの臭さは自覚しているようで、香水をつけて気をつけていたようです。
ただ残念なことに、それでもクサい!
ワキのクサさと香水のニオイが混ざってかえって逆効果でした。

 

ちゃんとワキガ臭を抑えてくれるデオドラントクリームを使ってくれればよかったものの、
ワキガ臭と香水のニオイで逆効果だったのです・・・

 

おまけに「自分、ワキがクサいんですよ(笑)」と周囲に話し出す始末。
「おまえがいるおかげでこっちは甚大な被害を被っているんだよ!」
と叫びだしそうになりました。

 

ここまでクサいと、幸か不幸か、期待しなくなるんですよね。
さすがに最初は「この人不潔だな」「お風呂入ってないのかな」と思いました。
実際、「君さ、ちゃんとお風呂入った方がいいよ」と本人に直接話す人もいました。

 

ただ私の場合、本人も香水をつけてニオイ対策をしていると聞いたとき、諦めることができたんです。
「あぁ、これはこの人が不潔だとかではなく、体質の問題なんだな。
この人は一生におい続けるかわいそうな人なんだな」と。

 

それからは、その人が自分の近くにきたら、鼻呼吸から口呼吸へチェンジして
なんとかやり過ごすことにしました。
もちろん、それで完璧にニオイを感じなくなることはありませんでしたが(それくらいクサい!)、
だいぶマシになったものです。

 

私は幸いワキのニオイに縁のない人間です。
なので、その人の事を思い出すと、「自分はなんて恵まれているのだろう」とつくづく思います。

 

あなたの周りにもしワキがクサい人がいたら、香水をつけるのではなく、
効果的なデオドラントクリームを塗ってくれるように勧めたほうがいいですよ。

ワキガ臭のキツい体育教師で大変だった・・・

高校生の頃、私の学校には、熱血の体育教師がいました。

 

30代位の男性で、良い先生だったのですが、強めのワキガでした。
厳しい指導で有名で、怒ると怖く、他校の生徒にも知られる程でした。
誰も先生には逆らえず、絶対的存在だったため、誰もワキガのことを言えるはずがありませんでした。

 

冬の間はまだ良かったのですが、特に辛かったのは、夏の体育館での授業です。
その先生はまず、汗がとても多く、いつも床に滴っていました。
Tシャツはビショビショで、一日に何度も着替える程でした。
しかし悲しいことに、汗は着替えてしまえばなくなりますが、ワキガは消えないのです。

 

先生が体育館に入ってくると、体育館全体が軽く臭いました。
「玉ネギ」のような「カレー粉」の様な臭いは、汗と交じり、何とも言い難い香りになっており、
生徒達は「近寄りたくない!」と話していました。

 

さらに、授業の競技がサッカーやバスケだったときは困りました。
先生が走る度、ジャンプする度、香ってくるのです。
正直不快でしたが、我慢するしかありませんでした。
なぜなら、一番怖い先生だったからです。
嫌な顔をしていることがバレたら、呼び出されてしまいます。

 

日頃はできるだけ近寄らないようにしていても、呼び出されてしまったときはしょうがありません。
息を止めてみたり、タオルで鼻を覆ったり、口呼吸してみたりするのに必死で、話など一ミリも耳に入っていませんでした。
デオドラントクリームを脇に塗ってくれていれば少しは変わっていたと思うのですが・・・

 

先生は気にしている様子ではありませんでした。
もしかしたら、気付いていたけど、諦めていたのかもしれません。
でもいくら先生が気にしていなくとも、その頃の私にとっては問題でした。
結局その後は、先生に対して何もできず、ただ消臭剤を振りまくだけでした。

 

このことがあってから、私は自分の匂いに気を付けるようになりました。
汗ふきシートを持ち歩いたり、できるだけ着替えたりして、バスや電車で迷惑をかけないようにしています。

 

成長した今となっては、「先生も辛かったのかもしれないな」「少し可哀想なことしたかな」と思えます。
あの時、誰か伝えてあげればよかったのかな?とも時々考えます。
嫌ではありましたが、思い出にはなりました。
先生が、ワキガでなければよかったのに、と今でもたまに思い出したりします。

わきが臭で迷惑したホテル勤務時代・・・

5年ほど前に、ホテルに勤務していた時です。
私は事務の仕事をしていました。

 

レストラン部門の若い男性従業員がわきがだったようです。
その人はレストラン部門のチラシなどのコピー担当だったらしく、
事務室の中にあるコピー室をたびたび訪れていました。そ

 

の人がコピーを取りに来た後は、コピー室にいつも独特のニオイが残っていました。
汗臭さや男性臭とは違う獣臭いニオイです。
田舎なので、近所に狸を飼っている人がいたのですが、
身もふたも無い言い方をするとそのニオイに似ていました。

 

窓のないコピー室で換気扇もないためニオイが長い時間残ってしまい、特に暖房の強い日はニオイも強かったです。
姿を見なくても、コピー室へ入れば「あの人が来ていたな」とすぐ分かりました。

 

正直に言うと、気持ちが悪かったです。
コピーを取りたくない、早くコピー室から出たいと思いました。

 

  • なんでそういう人がレストラン部門に配属されたのか?
  • お客様から一度もクレームが出ないのか?
  • 同僚や上司は何も言わないのか?
  • なんでホテル勤務をしようと思ったのか?
  • 本人は気づかないのか?家族は指摘しないのか?家族も同じ体質なのか?
  • それとも、気づいているのに他の部門への異動を願い出ないのか?
  • デオドラント剤を使わないのか?使ってもああなのか?

とにかく不思議で仕方なかったです。

 

同じ事務室の同僚女性に尋ねると「自分も気になっていた」という答えが返ってきました。
そこで、二人で相談してコピー室の隅の見えない場所に炭を置きました。
炭の棒そのものです。カゴに入れてガーゼをかぶせて見えないようにしました。
コピー室はたびたび掃除をするような場所ではなかったので、他の人に炭が見つかることはありませんでした。

 

炭を置いて数日後には、その男性が出入りした後でも少し時間が経てばニオイが消えるようになりました。
紙類が大量に置いてある部屋なので、かび臭かったのもついでに消えました。
何ヶ月かあとに、その男性が転職したので悩みは解決しましたが、炭はそのままコピー室へ置きました。

 

ワキガ臭というのは、本当に他人に迷惑をかけるニオイです。
わきが手術をしろ、とまで言いませんがデオドラントクリームぐらいは最低限つけてくる必要があると
私は個人的に思っています。